アスタリフトの激安トライアルセット通販

アスタリフトのトライアルセットを注文してみました

アスタリフトの写真

アスタルフトのトライアルキットが到着しました!

 

アスタリフトの写真その2

メイク落とし、洗顔料、ローション、美白エッセンス、クリーム、デイプロテクターのトライアルキットです。

 

アスタリフトの写真その3

夏らしく涼しげなカワイイポーチに入っています!ちょっと得した気分ですね~♪旅行とかにも持って行って使えそう♪

>> 富士フイルムのASTALIFT(アスタリフト)の公式サイトはこちら

リップグロスとマスカラをつい購入してしまいます

化粧品売り場を見るのが好きで時間がある時はよくドラッグストアやバラエティーショップなどで化粧品に見入っています。 その中でも私が好きなのがリップグロスとマスカラです。 どちらも多種多様な商品が出ているため一度見始めるとなかなかやめられません。 リップグロスは艶感と唇がふっくらと見えるというような宣伝文句に弱くついつい買ってしまいます。 家に帰って同じようなものを数多く持っていることに気がつくんですが、売り場で見ている時はこれはちょっと違うんじゃないかと思ってしまってやめられません。 マスカラも同じように売り場で見た時にまつ毛のボリュームがアップするとかまつ毛が長く見えるなどの宣伝文句に弱く買ってしまいます。 マスカラの場合リップグロスよりも値段が高いことが多いため何本もいらないのではないかと思いつつも、家にあるのはまつ毛のボリュームを上げるタイプでこれはまつ毛を長く見せるタイプだから別物だと自分に言い聞かせ買ってしまいます。 そのマスカラを使いこなせていないのが残念。

男性も当たり前のようにコスメをする時代になりました

最近の男性はオシャレに敏感で男性用コスメを使いメイクを楽しんでいる人もいるようです。 個人的にはサービス業や接客業で多くの人と接するお仕事なら、 清潔感や好感度アップのために簡単なお化粧をするのはアリだと思います。 テレビに出演するタレントさん達も、メイクをして肌や毛穴が綺麗に映るように修正していますよね。 そういった感覚の延長で相手に不快感を与えないためにするメイクなら大変結構なことです。 大切なのは清潔感なので化粧が濃すぎたり香りが強すぎるのは困りますが・・・ 一昔前の男性は脂っぽくてスキンケアなんて縁が無いイメージですが、 今どきの若い男性はやわ肌な人が多く、女性並みにスキンケアをしているようです。 実際にわが家の息子も乾燥肌で化粧水での保湿ケアが欠かせません。 髭を剃ると剃り後が赤くなり荒れるのも気にしていますし、すね毛がイヤで脱毛にも興味深々です。 友人のご主人は頬に出来たシミを気に病んで奥様の高級美容液を使ってケアしているそうです。 このように普通の男性や男の子でも化粧水や美容液を使ってお手入れしている時代です。 肌を綺麗にしたい気持ちから男性用コスメを使いメイクする人が居ても不思議ではありませんね。 男性用コスメでメイクをして肌の粗を隠したり身なりをこぎれいに整える気持ちは微笑ましいです。 清潔感を大切にしたメイクをしてくれるならお化粧する男性も素敵だと思いますよ。 いつの日か普通の男性も軽いメイクをして出歩くのが当たり前という時代になるのでしょうね。

男性も当たり前のようにコスメをする時代になりました

最近の男性はオシャレに敏感で男性用コスメを使いメイクを楽しんでいる人もいるようです。 個人的にはサービス業や接客業で多くの人と接するお仕事なら、 清潔感や好感度アップのために簡単なお化粧をするのはアリだと思います。 テレビに出演するタレントさん達も、メイクをして肌や毛穴が綺麗に映るように修正していますよね。 そういった感覚の延長で相手に不快感を与えないためにするメイクなら大変結構なことです。 大切なのは清潔感なので化粧が濃すぎたり香りが強すぎるのは困りますが・・・ 一昔前の男性は脂っぽくてスキンケアなんて縁が無いイメージですが、 今どきの若い男性はやわ肌な人が多く、女性並みにスキンケアをしているようです。 実際にわが家の息子も乾燥肌で化粧水での保湿ケアが欠かせません。 髭を剃ると剃り後が赤くなり荒れるのも気にしていますし、すね毛がイヤで脱毛にも興味深々です。 友人のご主人は頬に出来たシミを気に病んで奥様の高級美容液を使ってケアしているそうです。 このように普通の男性や男の子でも化粧水や美容液を使ってお手入れしている時代です。 肌を綺麗にしたい気持ちから男性用コスメを使いメイクする人が居ても不思議ではありませんね。 男性用コスメでメイクをして肌の粗を隠したり身なりをこぎれいに整える気持ちは微笑ましいです。 清潔感を大切にしたメイクをしてくれるならお化粧する男性も素敵だと思いますよ。 いつの日か普通の男性も軽いメイクをして出歩くのが当たり前という時代になるのでしょうね。

マスカラとビューラーの上手な使い方

その日のファッションやなりたいイメージによってマスカラの塗り方やビューラーの使い方を変えてまつ毛を作っています。アクテイブで同性の友達と遊んだり、仕事の日は、ビューラーを使って丁寧にまつ毛をカールアップします。まず、根元を強めにはさんで1回、まつ毛の真ん中ほどを適度な力ではさんで1回、まつ毛の毛先付近を弱めの力ではさんで1回の計3回でカールアップさせます。根元で強めに持ち上げておくとカールが長持ちします。毛先を強くはさんでしまうと、途中でカクッと折れ曲がったようになるので毛先は弱めにはさみます。繊維入りのボリュームアップタイプのマスカラを根元にググッと入れ込むようにつけて毛先に伸ばします。上方面だけでなく、目に沿うように放射状につけます。格段に目が大きく見えます。下まつ毛も丁寧に1本1本を拾うようにマスカラをつけます。異性とのデートや、夜に予定のある時は、しっとりとした目元にしたいので、ビューラーは使わずにマスカラだけでまつ毛を仕上げます。繊維の入ってないフィルムタイプでより美しく繊細なまつ毛になるようにします。付け方は、カールを付けないまつ毛に、放射状ではなく、目じりに流す用にサイドに向かって丁寧にマスカラをつけます。ダマにならないように、丁寧かつ迅速に、です。カールをつけないことによってまつ毛の下に陰影が生まれ、色っぽい女性らしい目元になります。下まつ毛はつけません。慣れると簡単で、表情も変わってくるので楽しいです。